神奈川県全域対応 弁護士費用はこちらをご覧ください

交通事故の基礎について教えて?
交通事故によってどんな責任が発生するの?

交通事故を起こしてしまうと、加害者には民事上の責任、刑事上の責任、行政上の責任の3つの責任が発生します。
民事上の責任とは、事故の被害者に対して損害を賠償するべき責任となります。
事故により被害者が受傷したり死亡したりした場合には、それとは別に、刑事上の責任(刑法・道路交通法上の懲役・禁固・罰金等)を追及されることがあります。
また、危険な運転をしていた場合には、それとは別に、行政上の責任(道路交通法による反則金・免許停止・免許取消等)を問われることがあります。
これらの3つの責任は、それぞれ別個のものとなりますので、例えば刑事上の責任や行政上の責任を問われなかったとしても、民事上の責任を全く問われないとは限りませんし、民事上の責任を果たしていた(被害者に対する賠償が終わっていた)としても、必ずしも刑事上の責任、行政上の責任を問われないとも限りません。
民事上の責任のみならず、刑事上の責任、行政上の責任についても不当に大きな処罰を受けることがないようにするために、交通事故を起こしてしまったらひとまず当サイトの弁護士に相談されることをお勧めします。

無料法律相談のご予約はこちら
お客様の声