神奈川県全域対応 弁護士費用はこちらをご覧ください

慰謝料について教えて?
後遺障害の慰謝料が通常より増える場合ってあるの?

後遺障害の慰謝料は、通常は、自賠責保険の認定する後遺障害等級に応じて算定されますが、後遺障害の態様や諸般の事情によって、増額される場合があります。
例えば、自賠責14級の慰謝料は、通常は110万円程度ですが、足関節に痛みを残したプロサッカー選手であった被害者において、事故後にプロサッカー選手として活躍する道を絶たれたことを考慮して250万円の慰謝料が認められた事例(東京地判平15.6.24)や、右下肢や背中に醜状痕を残した9歳の女児について、醜状について心無い言葉をうけることが多いことなどを考慮して、250万円の慰謝料が認められた事例(横浜地判平21.4.23)などがあります。
また、自賠責8級の慰謝料は、通常は830万円程度ですが、人工肛門・骨盤骨変形等の後遺症を残した19歳の女性について、女性でありながら生涯にわたり人口肛門を装着しなければならず、骨盤骨の変形により通常分娩が困難であることなどを考慮し、1200万円の慰謝料が認められた事例(大阪地判平17.1.31)などがあります。
このように、後遺障害の慰謝料は、等級によって一律に算定されるとは限りません。具体的な事例に応じ、過酷な状況にある被害者などに対しては慰謝料が増額されることがありますので、詳しくは当サイトの弁護士にご相談ください。

無料法律相談のご予約はこちら
お客様の声