神奈川県全域対応 弁護士費用はこちらをご覧ください

修理費について教えて?
経済的全損って何?

修理費用が車両の時価額を上回るような場合のことを、経済的全損と言います。例えば、時価50万円の車両の修理に60万円を要するような場合です。
このような場合、車両本体の損傷について相手方に請求できる賠償額は、車両の時価額(50万円)が上限となり、修理費用全額(60万円)の請求はできません。これを認めてしまうと、車両所有者の手元には事故発生前よりも多くの財産的利益がもたらされてしまうからです。
もっとも、買替差額(買替差額って何?)や、登録手続関係費用(買替のために必要な諸費用は請求できるの?)を請求することはできます。
車両の時価については、車両の時価はどうやって算定するの?をご参照ください。

無料法律相談のご予約はこちら
お客様の声