神奈川県全域対応 弁護士費用はこちらをご覧ください

後遺障害(後遺症)について教えて?
低随液圧症候群(脳脊髄液減少症)って何?

低随液圧症候群(脳脊髄液減少症)とは、一般的に、脳脊髄液が脳脊髄液腔から漏出することで減少し、脳の位置の保全に問題が生じ、頭痛、吐き気、目まい、耳鳴り等の症状を呈する疾患と言われています。
髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)には確立した診断基準がなく、複数の団体から各々の診断基準やガイドラインが出されているという状況にあるため、裁判例においてもその判断基準が分かれているのが現状であり、被害者の方が適正な賠償を受けるのが困難な状況にあるのが現実です。
詳細は、当サイトの弁護士にご相談下さい。

無料法律相談のご予約はこちら
お客様の声