休業損害について教えて?

給与所得者の休業損害について教えて?

事業所得者の休業損害について教えて?

会社役員の休業損害について教えて?

家事従事者の休業損害について教えて?

学生の休業損害について教えて?

神奈川県全域対応 弁護士費用はこちらをご覧ください

休業損害について教えて?
監査役の休業損害は請求できるの?

会社役員の場合、役員が会社から受ける報酬は、労務の対価のみならず、その信用や人間関係により、その地位にあることの報酬や、利益配当等の部分が含まれることがあります。
こうした場合、損害賠償の対象となるのは、役員報酬の全額ではなく、労務対価の部分のみと考えられており、監査役についても、労務の対価部分については休業損害が認められるものと考えられています。
この点については、父親の経営する印刷会社の監査役(男・30歳)について、会社の中心的な働き手として稼働していることを理由に、会社から得る収入はその労務の対価として不相当なものとはいえないとして、事故前年の年収全額を労働の対価として認めた裁判例が参考となります(東京地判平13.2.16)。
詳細は、当サイトの弁護士にご相談下さい。

無料法律相談のご予約はこちら
お客様の声