神奈川県全域対応 弁護士費用はこちらをご覧ください

損益相殺など賠償額を減額される事由について教えて?
素因減額って何?どういう場合に素因減額されるの?

素因減額とは、被害者が事故以前から有していた素因(心因的要因及び身体的要因)により、被害者の損害が拡大した場合において、過失相殺の考え方を類推して、被害者の損害賠償額を減額するという考え方です。
事故内容・受傷内容が軽微なものであるにもかかわらず、治療が長期化しているなどといった事情がある場合に問題となりやすいです。
なお、最高裁判所は、「被害者が平均的な体格ないし通常の体質と異なる身体的特徴を有していたとしても、それが疾患に当たらない場合には、特段の事情の存しないかぎり、被害者の右身体的特徴を損害賠償の額を定めるに当たり斟酌することはできないと解すべきである。」(最判平8.10.29)として、一般人と異なる身体的特徴により損害が拡大していたとしても、必ずしも素因減額するわけではない、と考えています。
事故以前からヘルニアを有していた被害者のケースにおいても、減額が認められるケースと認められないケースがあり、素因減額については、具体的な事案ごとに個別具体的に判断されているのが現状です。
ですので、より具体的に知りたい方は、まずは当サイトの弁護士に相談されることをお勧めします。

無料法律相談のご予約はこちら
お客様の声