神奈川県全域対応 弁護士費用はこちらをご覧ください

休車損害・営業損害について教えて?
営業損害が請求できるのはどんなとき?

車が店舗や事務所に衝突した結果、店舗や事務所の修理をするために営業を休止することなった場合、その修理期間中に営業できなかったことによる損害は、原則として、加害者に対して請求することができます。
但し、営業休止期間の認定や、休止期間における損害額については、かなり厳格に証明することが求められます。
飲食店の壁が車の衝突により損傷した事案で、事故前3か月の平均利益を基礎として7日間分の営業損害を認めたもの(大阪地判昭59.3.15 交民17.2.391)や、車の接触により洗車機が破損した事案で、事故前3か月の使用料金から1日当たりの売上を算出した上で、14日間分の営業損害を認めたもの(大阪地判平11.7.7 交民32.4.1091)などがあります。
このように、一般的には、事故前3か月間の平均利益を基礎に、修理に必要な相当期間についての損害を算定することとなります。

無料法律相談のご予約はこちら
お客様の声