神奈川県全域対応 弁護士費用はこちらをご覧ください

死亡による逸失利益について教えて?
専業主婦、兼業主婦の基礎収入はどうやって算定するの?

専業主婦の場合、賃金センサスの女性労働者の学歴計全年齢平均賃金額を基礎収入とするのが一般的です。
他方、パート収入等のある兼業主婦の場合、実収入額と全年齢平均賃金のいずれか高い方を基礎収入とし、家事労働分の加算は認められないのが一般的です。
例えば、パート勤務の主婦(37歳)につき、賃金センサスの女性学歴計全年齢平均賃金を基礎とせず、パート収入を考慮して、賃金センサスの女性学歴計35歳から39歳平均賃金を基礎とした裁判例があります(神戸地判平12.9.26)。
また、専業主夫につき、賃金センサスの女性学歴計全年齢平均賃金を基礎とした裁判例(東京地判平16.9.1)などもあります。
詳細については、当サイトの弁護士にご相談下さい。

無料法律相談のご予約はこちら
お客様の声