神奈川県全域対応 弁護士費用はこちらをご覧ください

死亡による逸失利益について教えて?
年金生活者の就労可能年数はどう考えるの?

67歳を超える被害者については、原則として、簡易生命表の平均余命の2分の1の年数とするとされています。
また、67歳までの年数が平均余命の2分の1の年数より短くなる被害者については、原則として、平均余命の2分の1の年数とすることとされています。
もっとも、あくまでもこれは原則であり、職種、健康状態、能力等によりこれとは異なった判断がされる場合もあります。
詳細については、当サイトの弁護士にご相談下さい。

無料法律相談のご予約はこちら
お客様の声